2010年04月01日

普天間移設、複数選択肢も=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は29日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、鳩山由紀夫首相が政府案を一つにまとめる考えを示したことについて「一つの方向性はまとめたいが、首相はピンポイントで一つの案という考え方ではない。一つの案の中にも選択肢があるだろう」と述べ、政府案に複数の移設先が盛り込まれる可能性があるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
現行計画も選択肢=普天間移設
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加
米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り
社民党の阿部氏、連立離脱に言及=「局面次第であり得る」
外相、米国へ出発

女子学生、男性として卒業=性同一性障害の2人−山梨県立大(時事通信)
「民主の古くささ」を懸念=政治とカネで野田副大臣(時事通信)
<家賃100円>1DK1カ月限定で 大阪・千林商店街企画(毎日新聞)
前田日明氏、国民新党から出馬も…外国人参政権反対で一致(スポーツ報知)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(下)浮上したもう一人の男(産経新聞)
posted by アカムツ博士 at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。