2010年02月07日

<原子力保安院>3原発を厳重注意 排水管の誤接続で放出(毎日新聞)

 経済産業省原子力安全・保安院は2日、東京電力福島第1、福島第2(以上福島県)、柏崎刈羽(新潟県)の3原子力発電所で排水管の誤接続が計30カ所見つかり、うち18カ所で放射性物質のトリチウムを含んだ水が誤って海などに放出されていたとして東電に対し、文書で厳重注意した。

 水の放出量は計約200回で4キロリットルに上るとみられる。1回あたりの推定トリチウム放出量は最大3.6億ベクレルで原発の保安規定を下回り、環境への影響はないという。

 誤接続は福島第1が5カ所、同第2が21カ所、柏崎刈羽が4カ所。放射性廃棄物の処理水槽につなぐべき排水管を、空調機の露などを流す非放射性の排水管につないでいた。昨年10月、福島第2の1号機で初めて見つかり、東電が3原発の排水管約8700本を再確認していた。【山田大輔】

【関連ニュース】
川内原発:作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし
原発:管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜
原発建設:反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部
原子力事故:初期医療を支援する専門チーム発足 放医研
柏崎刈羽原発:6号機の営業運転を再開 7号機に続き

<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明−秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線(産経新聞)
<日中歴史共同研究>報告書を公表 南京事件隔たり埋まらず(毎日新聞)
posted by アカムツ博士 at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。